【漫画】最新話ネタバレあらすじ・感想

ランウェイで笑って〈132話〉最新話のネタバレ感想3月11日発売週刊少年マガジンNo.15の最新刊が無料で読める!


◆+最新話のネタバレ&感想+◆
ランウェイで笑って
〈132話〉



本記事では
週刊少年マガジンNo.15
に連載されている
ランウェイで笑って〈132話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌「週刊少年マガジン」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!


【Amazonから会員登録すれば
1ヶ月間976円が無料に!】

↓ ↓ ↓ 
FODが1ヶ月間無料視聴
カンタン!解約方法はこちら
↑ ↑ ↑

☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非お試しください!

◆前回のあらすじ◆
育人のバッグはセイラすらも認めさせるものだった。だが一方でテルミのコンセプトに新たな進化をもたらした育人のバッグは誰もがパリにいるモデルになれるアイテムであり、決して今はまだ千雪が特別なわけではなかった。


◆+最新話のネタバレ+◆
ランウェイで笑って
〈132話〉


静まり返るほどの優美

ほどよく溢れる歓声

しかしここにいる誰もが千雪に負けているとは思ってはいなかった

ミラノ・ニューヨークでも活躍している蔵波蓮は圧倒的な魅力を解き放っていた

たが千雪の歓声も負けてはいない
声援でいえばもうトップと遜色はなかった

ところがテルミいわく欲しいのは”親しみ”ではなく”憧れ”

親しみだけてはハイブランドは買ってはもらえない

千雪の低い身長ではハイブランドすらも可愛く見えてしまう

身長 技術 オーラの全てがハイレベルなこの中では小さな子が背伸びをしているようでは一生トップモデルには追い付けないのだ

控え室に戻った千雪の背中を優しく叩く育人に楽しいだけではダメだと気づかされた千雪

一方で育人のバッグがオンラインで発注数1件の知らせがあった

以上、ランウェイで笑って〈132話〉
のネタバレでした。


◆+ネタバレの感想+◆
ランウェイで笑って
〈132話〉


テルミの厳しい言葉は正論なんでしょうが、千雪自身も恐らくそのことには気づいている様子。だからこそもがいて、這い上がらなければなりません。
さらに育人のバッグに一件の発注が!!夢への一歩ですね。

以上、ランウェイで笑って〈132話〉
の感想でした。




次回の週刊少年マガジンNo.16は、
2020年3月18日頃に発売予定です。

チェックしてね!


【Amazonから会員登録すれば
1ヶ月間976円が無料に!】

↓ ↓ ↓ 
FODが1ヶ月間無料視聴
カンタン!解約方法はこちら
↑ ↑ ↑

☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非お試しください!