最新話ネタバレ

「暁のヨナ:193話」最新話ネタバレと感想!激動の大河ファンタジーロマン!

2020年6月19日発売の花とゆめ2020年14・15合併号に連載されている「暁のヨナ:193話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー192話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「暁のヨナ:193話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「花とゆめ2020年14・15合併号」が無料で読めます。

U-NEXTで花とゆめを今すぐ無料で読む

「暁のヨナ:193話」のネタバレ

ユホンの恐ろしさ

ある日ユホンから、ヨンヒの秘密を知る者は全て処刑したと告げられる。

緋龍王の血筋と知られたあの日、大神官たちはヨンヒの一族の家を突き止め押し入った。
それに激怒したユホンは神殿もろとも大神官たちを焼き払ったとされている。

民衆たちは神官側が常軌を逸した政治介入をしたとしてユホンを支持することとなった。

ユホンの恐ろしさの行く末

ヨンヒは神官見習いであったカシとイクスを探す。
まさか子供まではと考えていたヨンヒに女官は幸せ者だと吐き捨てた。

ユホンという人間は戦において、女子供を火あぶりにすることも厭わない。
だからこそこの国は他国を圧して民衆は平和という恩恵を受けられているのだと。

それから1ヶ月が過ぎ、ヨンヒは一族の家を訪れた。

久しぶりに顔を合わせた叔父から、母親が自害したと告げられる。

目を背けた真実

大神官たちが一族の家に押し入ったあの日、彼らが最大限の礼を尽くしてくれたと明かされる。

これまで堪え忍んできた歴史を憂い、一族が神官たちにどれだけの希望を与えているかを語ってくれたという叔父。

大神官たちはただ純粋に緋龍王の血族が現れたことを喜び、会いにいき、そして処刑された。

その事実に耐えられなくなった母親は自分の責任だと責め続け、そして自殺したのだった。

生きていたカシ

それから9年の年月が経ち、ヨンヒはユホンとの間に子供を授かっていた。
それがスウォンだ。

とても明るく好奇心旺盛、そして幼いながらも聡い子供だった。

そんなある日、イルが妻を娶ったとユホンから聞かされたヨンヒはその事実を冷静に受け止めた。

しかしながら顔に大きな傷を負っているその女性を気遣い、婚礼の儀も大々的には挙げないと言う。

スウォンと庭で遊びながら、疎遠になったイルのことを考えていたヨンヒはうずくまる女性を見つける。

体調を気遣い日陰へと連れるヨンヒは、スウォンが団扇であおいだ瞬間に見えた顔の大きな傷に気が付く。
直後、イルの妻になった女性だと悟ったヨンヒは挨拶を交わす。

あのときとは逆ですねと呟く女性に、ヨンヒは神官見習いのカシだと知った瞬間、イルが庇うように現れた。

これ以上介入しないで欲しいと告げるイルに、誰にも絶対に言わないと動揺するヨンヒ。
そして全ては自分の責任であると訴えるヨンヒに、イルは自分は幸せだからもういいと告げ姿を消すのだった。

「暁のヨナ」を最新話含め花とゆめをすぐに無料で読む

「暁のヨナ:193話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「花とゆめ2020年14・15合併号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「暁のヨナ:193話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで花とゆめを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「暁のヨナ:193話」の感想と考察

残酷な真実を知ってしまったヨンヒは、ユホンに恐怖を抱きながらこの9年間を過ごしてきたようです。

さらにその9年後にはあの神官見習いであったカシが生きていたと知る。
知らなくていいことばからを知ってしまったヨンヒは、このままではいられないでしょうね。

自分を責めて、塞ぎこんでしまわないか心配です。

次回、暁のヨナ【194話】掲載の花とゆめ2020年16号の発売日は7月20日になります!

まとめ

以上、「暁のヨナ:193話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!