最新話ネタバレ

「アルキメデスの大戦:215話」最新話ネタバレと感想!戦艦”大和”を巡り、日本を動かす男たちの思惑が交錯する。

2020年4月27日発売の週刊ヤングマガジン2020年22・23合併号に連載されている「アルキメデスの大戦:215話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー214話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「アルキメデスの大戦:215話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングマガジン2020年22・23合併号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングマガジンを今すぐ無料で読む

「アルキメデスの大戦:215話」のネタバレ

山本の腹案

南洋諸島の譲渡に賛成の意を示した山本に、海軍・吉田らは驚きを隠せない。

北方を押さえれば太平洋を制することができる、この機会を逃してはならないと山本は言う。

その様子に櫂はピンときた。
山本の押さえる指の下にはハワイ。

彼がハワイ攻略のため北方諸島を押さえようとしていることを察する。

山本は密かに、この発想の転換に驚いていた。
その一方で、ハワイ攻略のために抱えていたいくつもの問題に答えを見いだしていた。

高まる軍事作戦

奇襲作戦での最重要点は、いかに敵に気づかれることなく目標に到達できるかにかかっている。

北方諸島のアッツ島からならば、日本海軍艦艇の”航続距離の短さ”と”油槽船の不足”を回避できる。

アメリカの監視が手薄な北方からならば、発見されずにハワイに接近できると考えていた。

交通費の少ない北太平洋航路を空母を主力とする機動隊で秘かに進攻。

接近したところで攻撃し、港湾を封鎖し艦隊を閉じ込める。

その後、建設中の”大和”が史上最大規模の艦砲射撃にて猛攻を加える。

撃って撃って撃ちまくる!

山本の頭の中で回路が繋がったのが櫂にも読み取れた。

具体的計画案が高速で組み立てられたのだ。

二人は目を合わせた。

山本はこの計画にたどり着いた礼を表し、櫂は和平を望むがゆえに軍事作戦の遂行に加担してしまったことを後悔する。

東條は慎重になれと山本に告げるが、海のことは海軍に任せてほしいと返す。

南洋諸島譲渡の承認

海軍らは山本を引き寄せ、内々で話し合いを行う。

下手をしたら海軍は吊し上げになると恐れている吉田だが、連合艦隊司令官として山本は、今南洋を失ったとしても後で取り返せばいいだけのことだと告げる。

全く斬新な作戦を聞かされ、海軍はついに譲渡に賛成の意を示した。

承認されたこと自体はよかったものの、戦争の危険度を高めてしまったことに違いはない。

しかし今は次の目標に切り替えねばならなかった。

櫂にとっても、最後のひとつが最大の難関であった。

それは──────

“大和”の売却。

「アルキメデスの大戦」を最新話含め週刊ヤングマガジンをすぐに無料で読む

「アルキメデスの大戦:215話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングマガジン2020年22・23合併号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「アルキメデスの大戦:215話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングマガジンを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「アルキメデスの大戦:215話」の感想と考察

櫂が南洋諸島の譲渡において承認を得ることができました。

その一方で軍事作戦の遂行に加担してしまったことは免れません。

しかし次の最大の難関。
海軍首脳は必ず反対します。
それこそ東條や嶋田らとは違う反応になるでしょう。

本来の意図とは違っても、山本のようにおさめることができるのか!?

次回、アルキメデスの大戦【216話】掲載の週刊ヤングマガジン2020年24号の発売日は5月11日になります!

まとめ

以上、「アルキメデスの大戦:215話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!