最新話ネタバレ

「アルキメデスの大戦:217話」最新話ネタバレと感想!大和売却

2020年5月18日発売の週刊ヤングマガジン2020年25号に連載されている「アルキメデスの大戦:217話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー216話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「アルキメデスの大戦:216話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングマガジン2020年24号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングマガジンを今すぐ無料で読む

「アルキメデスの大戦:216話」のネタバレ

櫂と山本の亀裂

牟田口が告げた最後の合意項目に驚きを隠せない一行の中でも海軍・山本はさらに驚く。

一般艤装図と写真を開示し、アメリカに30億ドル、日本円にして127億5000万で売却を提案したと説明する櫂。

政府は昨年度の歳出の3倍であると驚くが、陸軍・東條だけは違った。

金銭の問題ではなく、大和の一般艤装図と写真を開示したことを国外に情報漏洩させたと批判。

これは軍機保護法違反であり、極刑に値すると声を荒げる。

東條は海軍側の見解を求め、嶋田に自分とともに櫂を追い込もうとアイコンタクトを送るが嶋田は見てみぬフリをするだけだった。

当てにならないと察した東條は、その場にいた牟田口も黙認したとして同罪だと批判。

すかさず弁論しようとする櫂を東條は制したが、政府がそれを許した。

櫂は一般艤装図と写真を開示したことが軍機保護法違反であると認めた上で、そもそもそれが軍事機密であるのかと問う。

現在艤装岸壁にて工事中の大和は、その巨大さゆえに遮断することなく構造物や武装の搭載を行っている。

つまり横浜市民の周知の事実であり、アメリカ大使はスパイを派遣しあらゆる手を使って情報を収集しているに違いなかった。

すでに情報は漏れていたと発言するが、東條はだからと言って法を犯していい理由にはならないと告げる。

しかし櫂の目的は日米和平の成立。

両国に恒久和平を築けるのであれば、命など惜しくはないと覚悟を露にして皆を黙らせた。

軍事機密のことはさておき、とりあえず説明を聞いてみようと言う政府に意見したのは海軍・山本だった。

大和売却は、司令長官として断固拒否すると言い出した。

「アルキメデスの大戦」を最新話含め週刊ヤングマガジンをすぐに無料で読む

「アルキメデスの大戦:217話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングマガジン2020年25号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「アルキメデスの大戦:217話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングマガジンを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「アルキメデスの大戦:217話」の感想と考察

一体どうして反対側に回るのかと疑問を抱く櫂ですが、山本にとって、これまで櫂を支えてきた恩が仇として返されたと思っているようです。

このまま大和売却に持っていくことが本当にできるのでしょうか?

次回、アルキメデスの大戦【218話】掲載の週刊ヤングマガジン2020年26号の発売日は5月25日になります!

まとめ

以上、「アルキメデスの大戦:217話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!