最新話ネタバレ

「バトルスタディーズ:245話」最新話ネタバレと感想!聖地は音を忘れた

2020年5月28日発売のモーニング2020年26・27合併号に連載されている「バトルスタディーズ:245話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー244話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「バトルスタディーズ:245話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「モーニング2020年26・27合併号」が無料で読めます。

U-NEXTでモーニングを今すぐ無料で読む

「バトルスタディーズ:245話」のネタバレ

渾身の打球

横羽間高校のエース・梶原の渾身の投球を捉えた狩野。

しかしバットの中心はなくグリップあたりに捉えたことから勝利を確信し、梶原と大庭は笑みを浮かべる。

出塁している花本たちやベンチの藤巻たちそして観客らが息を呑んで見守る中、狩野のバットは投球を捉えた箇所から徐々にヒビが入っていく。

しかし狩野はバットがへし折れる瞬間、渾身の力で球を押し返した。

狩野の放った打球はショートの選手の頭上を越える長打となる。

この機を逃すまいとホームイン目指して一気に走り抜く信楽兄。

そして檜の声援。

渾身の送球

そんな中、狩野の打球をキャッチできなかったショートの選手の代わりにすかさずフォローに入ったのが強靭な肩を持つ北条だった。

その姿に期待を込めて笑みを浮かべる梶原や海部たち。

信楽兄がホームベース目掛けてヘッドスライディングすると同時に北条は、梶原たちの期待に応えるべくホームベースで待ち構える大庭に渾身の力で送球する。

そんな中、どこか満足したような自信に満ち溢れた笑みを狩野は浮かべていた。

「バトルスタディーズ」を最新話含めモーニングをすぐに無料で読む

「バトルスタディーズ:245話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「モーニング2020年26・27合併号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「バトルスタディーズ:245話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTでモーニングを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「バトルスタディーズ:245話」の感想と考察

今回、全くセリフなく終わりました。

それほどまでに絵が物語ってくれていたように感じます。

梶原の投球、狩野の打球、北条の送球、どれもが”渾身の力”と表現するに相応しいものです。

そしてこの勝利を納めるのは一体誰か。
乞うご期待です!

次回のバトルスタディーズ【246話】掲載のモーニング2020年28号の発売日は6月11日になります!

まとめ

以上、「バトルスタディーズ:245話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!