最新話ネタバレ

「ブルーロック:80話」最新話ネタバレと感想!無限界

2020年4月8日発売の週刊少年マガジン2020年19号に連載されている「ブルーロック:80話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「ブルーロック:80話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊少年マガジン2020年19号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

「ブルーロック:80話」のネタバレ

置いてかないで

今このフィールドは潔と凛にしか読めていなかった。

ようやく二人のカイブツと戦えるのに自分がそこにいないことに気づかされる蜂楽。

試されていたのは自分のほうだったのかもしれないと理解する。

体力の消耗

無我夢中で走る潔と凛の間に割って入ったのは千切だった。

膝の故障を抱えたまま走り続けるのには限界があった。

それはもはや千切だけではない。

自分も含めて全員スタミナの消耗が激しかった。

このハイレベルなサッカーの中で全員が常にマックスのパフォーマンスを出し続けている。

このままではダメだと察した潔は、この変化に終盤戦を制することを決意する。

肉体怪物

再びリスタートを切った。

ところが時光と凛の二人だけのパスが始まり潔は気づいた。

押し上げられている。

この中央突破を創り出しているのは時光だと──────…。

それを馬狼と千切で止めた。

しかし二人が喰らったのはイエローカード。

一択

このフリーキックは思い通りにさせないと心に決める潔だったがゴールまで25mといったところ。
凛の射程範囲内だった。

パスかシュートか。
二択に一択。

このゴールを必ず止めると意気込んだものの、凛の答えはすでに決まっていた。

潔が反応する隙も与えない高速フリーキックにより1点を奪われた。

最初から凛の答えは”俺のゴール”一択しかなかったのだ。

潔や凛が自らのエゴを貫いていると気づいた蜂楽は、自分のエゴとは一体なんなのか自分に問うのだった。

「ブルーロック」を最新話含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

「ブルーロック:80話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊少年マガジン2020年19号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「ブルーロック:80話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「ブルーロック:80話」の感想と考察

訪れた蜂楽の壁。
ようやく見つけたカイブツたちの視線の先に自分がいないことに気づいてしまったようです。

カイブツを探す旅はここで終わりを迎え、蜂楽にとってサッカーとは何かという疑問が浮上しました。

その答えをこのフィールドで見つけることができるのか、それとも彼にとっての絶望が訪れるのか。

乞うご期待です!!

次回のブルーロック【81話】掲載の週刊少年マガジン2020年20号の発売日は4月15日になります!

まとめ

以上、「ブルーロック:80話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

無料で漫画が読めるサービスの詳細については、ただいまメンテナンス中です!

是非、楽しみにお待ちください☆