最新話ネタバレ

「BUNGOブンゴ:227話」最新話ネタバレと感想!直球が未来を狩る!

2020年4月30日発売の週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号に連載されている「BUNGOブンゴ:227話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー226話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「BUNGOブンゴ:227話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

「BUNGOブンゴ:227話」のネタバレ

マイケルの刺激

アメリカの試合を見終わった日本代表選手たちは監督の及川に、帰りに身体を動かしたいと頼む。

こんな突然に、グラウンドを貸してくれるところがあるのか?と頭を抱えていると、LAファルコンズのスカウト、成田が登場する。

ツテがあると言って公園内のグラウンドを1時間確保したのだ。

判野たちは通常よりも3mくらい前から投げられた球を打つ練習を始める。

先程見ていたマイケルの投球を意識してのことだった。

及川は最速151km、常時140kmの球を投げるなんて高校生でそういないからと理解を示した。

マイケルとの遭遇

しかし野田は練習には参加せず、その辺を走ってくるという。

成田は対策しなくていいのかと尋ねるも、野田は普段もっと速いのを見ているからと答える。

野田は走りながらマイケルの野球の資質について考えていた。

身体能力を野球の技術に出力できるのは才能だ。
細かい技術を身につけたらどうなってしまうのだろうと。

そこへ興奮したマイケル・ウィリアムソンがやってきて声をかける。

野田の技術をべた褒めし、自分はファンなのだという。

そしてスウィングのアドバイスがほしいと、目の前でバットをふりはじめた。

流し打ちが苦手だというマイケル。

野田は無視しよとするも、ついついアドバイスをしてしまう。

マイケルはすぐにアドバイスで改善。
ものすごいスイングを見せ、野田は警戒を強めた。

楽しめよ

マイケルはお礼に自分からもアドバイスがあると言い出す。

グラウンドの野田の表情はいつも暗い、もっと野球を楽しめと告げる。

アメリカとの試合がはじまる。

バッターボックスには杉浦。

マイケルの初球は152.8kmを記録し、杉浦はバットを振ることができなかった。

「BUNGOブンゴ」を最新話含め週刊ヤングジャンプをすぐに無料で読む

「BUNGOブンゴ:227話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「BUNGOブンゴ:227話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「BUNGOブンゴ:227話」の感想と考察

最速151を上回る、まさかの152。

日本、はやくも窮地。

このままマイケル対策は無駄に終わってしまうのでしょうか。

はたまた杉浦が思わぬ活躍を見せてくれるのでしょうか。

乞うご期待です!

次回、BUNGOブンゴ【228話】掲載の週刊ヤングジャンプ2020年24号の発売日は5月14日になります!

まとめ

以上、「BUNGOブンゴ:227話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!