最新話ネタバレ

「DAYS:341話」最新話ネタバレと感想!天才の舞

2020年4月22日発売の週刊少年マガジン2020年21号に連載されている「DAYS:341話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー340話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「DAYS:341話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊少年マガジン2020年21号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

「DAYS:341話」のネタバレ

犬童という名の怪物

桜木と聖蹟の試合をモニター越しに観戦するなか、良介が到着。

どうやら屋上で寝ていたらしく、すこぶる機嫌が悪い。

良介に見てもらいたい人物がいると告げられ彼はモニターを見つめる。

目に入ってきたのは水樹だったが、対象は犬童だった。

犬童がひとりであの水樹を止めている。

さらに観客からルーレットと言われるほどの身のこなしで次々に交わしボールを前線へと運ぶ。

灰原が向かうもボールは頭上を超えあっけなく犬童が過ぎ去っていく。

すぐさま新渡戸が回るも、ふと”ボールが消えた”。
そう思った直後には犬童はもうその場にはいない。

ゴール目前、桜木の大チャンスが訪れていた。

ついに目覚める

猫谷と成神が犬童からのパスを受け取ろうと走り込んでくる。

フリーの成神にパスをすると誰もが考えたが、犬童はそのままキック。

しかしボールは飛んでいない。

ミスキックか!?と思われたがまさかのバックスピンでゴール。

ところがそれを速瀬が制した。
ぎりぎりラインを割らず聖蹟間一髪。

よくやったとチームが褒め称えるなか、観客らは犬童の凄さを噛み締めていた。

ひとりで70メートルを駆け抜けた。

誰もがパスをすると思っていたが完全に裏をかかれたのだ。

良介は”ようやく諦めたか”と呟き、面白くなってきたとオモチャを手にした子供のようだった。

「DAYS」を最新話含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

「DAYS:341話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊少年マガジン2020年21号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「DAYS:341話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「DAYS:341話」の感想と考察

良介の言い残した”ようやく諦めたか”とは一体どういう意味なんでしょうか。

ようやく目覚めたか、ようやく本性を出す気になったか、などなど、なんとなくこうだろうな的なイメージはつくんですが。

彼は犬童の本性を以前から見抜いていた、ということなんでしょうかね。

鳥飼が不在の今、誰もが聖蹟有利!と思っていますがもしかしたらこれは…。
あるかもしれない。

いや、あり得るな。

次回のDAYS【342話】掲載の週刊少年マガジン2020年22・23合併号の発売日は4月28日になります!

まとめ

以上、「DAYS:341話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!