最新話ネタバレ

「どうしようもない僕とキスしよう:9話」最新話ネタバレと感想!花の盛りと我らの恋は

2020年5月8日発売のプチコミック2020年6月号に連載されている「どうしようもない僕とキスしよう:9話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「どうしようもない僕とキスしよう:9話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「プチコミック2020年6月号」が無料で読めます。

U-NEXTでプチコミックを今すぐ無料で読む

「どうしようもない僕とキスしよう:9話」のネタバレ

翠斗の思い

好きの反対が嫌いではなく無関心なら、自分に対してきっと藍もそうなのだろうと翠斗も思っている。

帰宅した翠斗に、いいワインをもらったから一緒に飲もうと誘うのは三鈴だ。

藍と翠斗の両親が亡くなったとき、妹である彼女が彼らを引き取り育ててくれた。

接待で飲んできたからと自室に戻る翠斗はふと、閉じられた藍の部屋をノックする。

ただいまと告げるが、その扉の向こうから返答がくることはない。

子供のころ仲が良かった二人は、高校に入ると同時に藍が避けるようになった。

その理由は今もわからないままだが、嫌われても無関心でも構わない。

その代わり誰が見ても姉への”狂気”を飼っているなんて思われない人間として、完璧な弟として姉を守ろうと決めたのだ。

手に伝わる温もり

カクテルフェアで提供するタカオの作品の試飲会が行われた。

憧れの神バーテンダー高倉からのお墨付きをもらいハイテンションのタカオは、後日行われるプレパーティーに藍も招待したいと言い出す。

先日まで怒っていたはずが、どういう風の吹き回しだと会社に戻る道中、翠斗と香平は笑う。

そして香平は前を歩く翠斗の背中に向かって、よろしくお願いしますと告げる。

振り返る翠斗は仕事の話かと思ったが、香平は改めて藍と付き合うことについてよろしくと告げたのだ。

それは他ならない、手を出すなよという牽制だった。

これが姉の選んだ男なのだと認識しながらも、そんなものくそ食らえと言わんばかりに翠斗は姉を任せられませんと返した。

カクテルフェアプレパーティー当日は大雨。

窓の外を見つめる翠斗に高倉は仕事外なのに手伝わせてすまないと告げるが、足元が悪い中参加してくれるお客様に楽しんでもらいましょうと微笑む。

そんな中周りがザワつき始めた。

モデルのようだと呟く者もいれば、モデルよりも美しいと呟く者もいる。

名前を呼ばれる香平は息をするのも忘れて、その本人である藍に見とれていた。

すぐに香平は仕事に就かなければならなかったが、藍を一人きりにしておくのが心配で仕方がない。

残された藍はふと、窓の外に目を向けそらす。

その直後、会場の照明が落とされ藍はハッとする。

鼓動が耳の奥で響き始め息がしづらくなった瞬間、背後からグラスを持つ手を握られ気持ちが落ち着いていくのを感じる。

カウントダウンが終わり、照明が点いたときには誰もいなかった。

藍が辺りを見回すもののそれらしき気配はなく、残されたのは手に伝わる温もりだけだった。

子供のころ両親は、台風の日に交通事故で亡くなった。
それ以来藍は今もずっと雨が怖い。

そのことを知っているのは翠斗だけだ。

こじ開ける覚悟

帰宅した翠斗は大雨にうたれ、すぐに風呂場へ向かう。

シャワーの音にハッとする。

先に藍が入っていると気付いた翠斗はすぐさま立ち去ろうとするが、ふと会場での藍の匂いを思い出す。

柔らかくて、細くて、抱き潰してしまいそうなあの体を…。

そして翠斗は風呂の扉を開ける。

その瞬間、洗剤を片手に服を着た藍が出てきた。

互いに驚いた表情を見せたが、藍はすぐに無表情のまま立ち去ろうとする。

姉を守ろうと決めたはずなのに、自分は一体何をしようとしていたのかと頭を抱える翠斗は、去り行く背中にこの家を出ると告げる。

自分から藍を守らなければと思ってのことだったが、その言葉に藍は驚愕と疑問と悲しみの表情を露にする。

そのまま何も言わず去っていく藍に、よからぬ思いがよぎる。

“好きの反対が嫌いではなく無関心”

それがもし、好きという気持ちを隠すためのものだとしたら…。

万が一、ほんの少しでもその可能性があるとしたら…。

翠斗は藍の固く閉じられたその扉をこじ開けると誓う。

「どうしようもない僕とキスしよう」を最新話含めプチコミックをすぐに無料で読む

「どうしようもない僕とキスしよう:9話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「プチコミック2020年6月号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「どうしようもない僕とキスしよう:9話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTでプチコミックを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「どうしようもない僕とキスしよう:9話」の感想と考察

複雑に絡み合う一方で、今回は翠斗側に寄り添った展開でした。

翠斗から見て藍は、自分を嫌っている、疎ましく思っていると思い込んでいたんですね。

実はそうでないかもしれないということに気づいてしまった翠斗は、その微かな可能性に賭けて藍の心の扉を開けると誓います。

香平と付き合う一方でこの二人の進展が楽しみで仕方がないですね。

次回のどうしようもない僕とキスしよう【10話】掲載のプチコミック2020年7月号の発売日は6月8日になります!

まとめ

以上、「どうしようもない僕とキスしよう:9話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!