最新話ネタバレ

「ゴールデンカムイ:242話」最新話ネタバレと感想!交互に

2020年5月28日発売の週刊ヤングジャンプ2020年26号に連載されている「ゴールデンカムイ:242話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー241話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「ゴールデンカムイ:242話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングジャンプ2020年26号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

「ゴールデンカムイ:242話」のネタバレ

杉元が埋蔵金を探す理由

周りの木々が倒れ、二人に襲いかかる。

次々と倒れる木々の激しい音に白石が気付くと、なんと全ての木が倒れていた。

その光景を目の当たりにした白石が顔面蒼白する一方で、これが北海道の伐採方法だと知っていた房太郎は驚かない。

白石は杉元とアシリパの名前を叫びながら辺りを見回す。

その頃、アシリパがうっすらと目を開ける。
頭部から出血してはいるものの、杉元が覆い被さるように庇っていた為二人は無事だった。

思うように身動きをとることができず、ただ白石らの助けを待つしかない。

そんななか杉元はアシリパからの問いかけを思い出す。

“故郷に戻って好きだった人と暮らすのか?”

そして答えるように話し始めた。

杉元には故郷に”梅ちゃん”という幼馴染がいる。
杉元と梅は互いに想い合い、一緒になるはずだった。

ところが杉元の家族が結核で死んでしまい、梅に移すわけにはいかないと考えた杉元は梅から離れることを決意する。

杉元のもとから離れていった梅は、さらに二人の幼なじみである虎次(トラジ)と結婚する。

三人はとても仲が良い関係だった。
虎次であれば梅を幸せにしてくれる、そう思い杉元は託した。

ところが梅が目の病いにかかり、視力を徐々に失くしていく。
その病気を治す為には高額な治療費が必要だった。

戦争で杉元を庇い死んでいった虎次との約束を守るため、埋蔵金を探し出し梅の治療費にあてようと考えているのだと言う。

仲間

白石は杉元とアシリパの名前を叫びながら必死に探す一方、杉元が大事な人の為に埋蔵金を探しているとわかったアシリパ。

杉元にそれ以上聞くことはせず、埋蔵金は必ず必要だなと返すだけだった。

しかし杉元は故郷に帰るつもりはなかった。
なぜなら埋蔵金はアイヌのものだから。

たとえ埋蔵金が見つかったとしてもアシリパが納得できるまで相棒でいる、これが杉元の答えだった。

最初こそ埋蔵金の為にと知り合った杉元、アシリパ、白石だが、杉元は必ず白石が助けにきてくれると信じていた。

父の教え

いつの間にか仲間になっていたんだなと話す二人の会話を、大木の間から顔を出して聞いていた白石の目からは涙がこぼれていた。

無事に救出された二人だが、ケガをしたアシリパを杉元が抱えて一行は先を進む。

すると伐採した森が目の前に広がっているのを見てアシリパはひどい有様に言葉を失う。

アイヌも生活の為に木を伐る。
獣を殺して毛皮を売って稼ぐこともある。

裕福に暮らそうとすること、それは誰も責められることではない。

“大切なのは取りすぎないこと”

狩りをしても、獲物の肉は少し残す。
山菜も全部は取らず少し残す。

アイヌはずっとそうしてきたのだ。

“全部取らずに残しておけば私たちのカムイは消えない”

アシリパは父親からそう教わってきた。

アシリパの確信

支笏湖に沈んでいた一枚の金貨。

海賊はこの金貨はアシリパが持っておくべきだと手渡す。

金貨に刻まれている文様は、アイヌの文様によく似ていた。
アイヌではその十字に”交互に”や”交差”という意味がある。

海賊の夢は埋蔵金で自分の国を創ること。

アシリパの説明であることに気がつく。

それぞれのアイヌが地元で採れた砂金を集めあい、自分たちの国を創ろうとした。

この金貨はその記念に作ったものではないかと。

のっぺら坊がまだウィクルだった時、ロシアでアイヌや極東の少数民族は団結すべきではないかとソフィアに訴えていた。

支笏湖にウィクルが沈んでしまった時、手を離すことがなかった金貨。

救おうとした人々を、ウィクル自身が殺して奪うなどありえるのか…?

アシリパは確信する。
父親はアイヌ達を殺してはいないのではないかと。

そして宣言する。
“私はアイヌのためにやるべきことがようやくわかってきた”

「ゴールデンカムイ」を最新話含め週刊ヤングジャンプをすぐに無料で読む

「ゴールデンカムイ:242話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングジャンプ2020年26号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「ゴールデンカムイ:242話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「ゴールデンカムイ:242話」の感想と考察

今回とても印象に残ったのが、アシリパが白石のことを仲間と認めたところですね。

白石は欲望の為だけに一緒に同行しているのではないか、という疑念が晴れそれを聞いていた白石の涙。

ちょっと笑えてしまったんですが。
今後、金に目がくらんで二人を裏切らないことを願います。

そして、少しづつアシリパが父親の本心、本当のことに気づいてきました。

信頼していた父親はやはりアイヌ達を殺していない、では誰に騙されていたのだろうか。

今後の展開が気になります!

次回、ゴールデンカムイ【243話】の掲載は28号で!
週刊ヤングジャンプ2020年27号の発売日は6月4日になります!

まとめ

以上、「ゴールデンカムイ:242話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!