最新話ネタバレ

「ゴールデンカムイ:243話」最新話ネタバレと感想!上等兵たち

2020年6月11日発売の週刊ヤングジャンプ2020年28号に連載されている「ゴールデンカムイ:243話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー242話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「ゴールデンカムイ:243話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングジャンプ2020年28号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

「ゴールデンカムイ:243話」のネタバレ

鶴見中尉の一番

再びしこしこと下をシコる宇佐美に、ほどほどにしておけと忠告する菊田。

しかし犯人を逃がされたことで宇佐美は苛立っていた。

第七師団では尾形百之助もおかしな上等兵だと思っていたが宇佐美もなかなかだと呟く菊田に、あんな奴と一緒にしないで欲しいと怒る宇佐美。

自分が鶴見中尉の一番だと断言する宇佐美は語り出す。

花沢勇作殺害の事実

それは尾形が杉元に冬の川に突き落とされたときのことだった。

見舞いに訪れた宇佐美が耳にしたのは、勇作の名を呼ぶ尾形のうわ言。

花沢勇作は花沢閣下の本妻の息子で尾形の腹違いの弟。

その弟を殺しておいてうわ言で名を呼ぶなどヤワな野郎だと宇佐美は侮辱する。

勇作殺害の事実に驚きを隠せない菊田に宇佐美は続ける。

尾形の策略

一度は勇作の殺害を煽っていた鶴見中尉だったが、利用価値があると判断した結果計画は変更された。

単なる親の七光りである勇作を、鶴見中尉は美化しているのではないかとつまらなそうにする宇佐美だが尾形は違った。

勇作を殺して父親である花沢閣下が自分に愛情があるとわかれば、勇作が自分と同じ人間になりえた道があると考えていた。

鶴見中尉への恨み

ところが勇作を殺害しても花沢閣下が尾形に寵愛を向けることはなかった。

鶴見中尉の命もあり、第七師団長になるため、そして鶴見中尉の寵愛を受けるため花沢閣下の殺害を引き受けたと考えていた宇佐美だったが、尾形はそんな理由で殺したのではないと返した。

鶴見中尉が花沢閣下の殺害を企てたのは単に邪魔だっただけだと告げる宇佐美は、当時尾形に”満鉄”を調べろと助言していた。

その結果鶴見中尉への逆怨みから、尾形は造反組を煽っていたのではないかと宇佐美は結論づけた。

人間を撃ってこそ狙撃兵

その陳腐な妄想に付き合うなら宇佐美は駒の中でも”安い駒”だと言われ、勢いで剣を向けるもオマルで宇佐美を殴り尾形は病院から脱走。

そんな尾形もこの札幌の連続殺人事件を追って、鶴見中尉の邪魔をしに必ず現れると宇佐美は踏んでいる。

その頃尾形は、捕らえたカモをアジトに持ち帰りようやく左撃ちに慣れてきたと告げる。

これで狙撃兵の完全復活かと囁かれたが尾形は言う。

“人間を撃ってこそ狙撃兵だ”と。

「ゴールデンカムイ」を最新話含め週刊ヤングジャンプをすぐに無料で読む

「ゴールデンカムイ:243話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングジャンプ2020年28号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「ゴールデンカムイ:243話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「ゴールデンカムイ:243話」の感想と考察

鶴見中尉を崇拝する宇佐美にとって、一番邪魔なのは尾形百之助ですね。

その過去の話を菊田に語る間もずっとしこしこしてるから読んでいてもこっちも集中できません。

菊田も付き合ってられんと呆れていましたが間違いない。

それはさておき、この札幌で恐らく宇佐美と尾形が対面することは間違いなさそうです。
尾形の狙いは殺人犯かそれとも鶴見中尉か!?

次回、ゴールデンカムイ【244話】掲載の週刊ヤングジャンプ2020年29号の発売日は6月18日になります!

まとめ

以上、「ゴールデンカムイ:243話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!