最新話ネタバレ

「かぐや様は告らせたい:176話」最新話ネタバレと感想!早坂愛の友達⑤

2020年4月23日発売の週刊ヤングジャンプ2020年21号に連載されている「かぐや様は告らせたい:176話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー175話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「かぐや様は告らせたい:176話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングジャンプ2020年21号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

「かぐや様は告らせたい:176話」のネタバレ

息のあった2人

一方白銀は、自分を捕まえようとした人物に京都名物の七味を振りかけて撃退していた。

そして、肝心のかぐやと早坂。

うまく本心を伝えることができずにいると、雲鷹の側近たちが攻撃を仕掛けてくる。

早坂はかぐやを守ろうとするが、もう一人の側近が早坂の髪の毛を掴む。

が、早坂は忍ばせていたナイフで髪を切り、かぐやに襲い掛かった側近を捕らえる。

かぐやは、早坂の髪を掴んできた女を撃退。

抵抗しようとする雲鷹の側近だが、雲鷹が突然帰ると言い出し、今後早坂には手を出さないと告げるのだった。

雲鷹が手を引いた理由

側近は、どうして雲鷹が手を引いたのか理由を尋ねる。

雲鷹は、今回の計画はかぐやが黙認するという前提で動いており、許したいと言い始めた時点で破綻していると答える。

曲がりなりにも同じ教育を受けたという雲鷹。

身内から密告者が出れば、かぐやはそれを許さず冷静さを欠いた隙に話をつけられると考えていたという。

しかし、かぐやはアホみたいに喚き散らしたのだ。

雲鷹のようなクソみたいになると思っていたが、かぐやはそうはならなかったのだ。

すると、自分たちにもこういう未来があり得たという早坂の母。

しかし雲鷹は”裏切り物の鼠”がおぞましい話をするなと答えるのだった。

主従関係の終わり

それからというもの、かぐやと早坂はずっと話していた。

まさかこの場所で待ってると思わなかったというかぐや。

それは、彼女にとって良い思い出ではないからだった。

それは、2人が幼い頃。
仕事でいいので、自分の側に居てほしいと頼んでいたかぐや。

早坂は彼女からもらったヘアゴムをつけ、それを引き受ける。

全て仕事で尽くしてもらえたほうが、善意で側にいるよりも信じられたというかぐや。

彼女は謝罪し、自分たちの主従関係を終わりにすると言う。

早坂は、かぐやが謝る理由が理解できずにいた。

ただ可愛いかぐやの面倒を見るのがただただ好きで、その分、10年間裏切っていた自分こそが謝るべきだと。

かぐやは涙を流しながら、ずっと辛かったことに気づいてあげられず、申し訳ないと謝罪する。

そんな彼女に、早坂は辛かったと本心を吐露し、2人は身体を寄せ合うのだった。

「かぐや様は告らせたい」を最新話含め週刊ヤングジャンプをすぐに無料で読む

「かぐや様は告らせたい:176話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングジャンプ2020年21号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「かぐや様は告らせたい:176話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「かぐや様は告らせたい:176話」の感想と考察

とうとう早坂の苦しい裏切りが露呈し、彼女は解放されましたね。

ずっと辛かったと本人も言ってますが、これまでの思いと今の思いと、それでも受け入れてくれるのはもうかぐやしかいないと思います。

そういう意味での主従関係はこれからな気がします。
なぜならもう早坂は死ぬまでかぐやに付いていくでしょうから。

次回、かぐや様は告らせたい【177話】掲載の週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併特大号の発売日は4月30日になります!

まとめ

以上、「かぐや様は告らせたい:176話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!