最新話ネタバレ

「恋わずらいのエリー:45話」最新話ネタバレと感想!幸せすぎて…怖い

2020年4月24日発売のデザート2020年6月号に連載されている「恋わずらいのエリー:45話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「恋わずらいのエリー:45話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「デザート2020年6月号」が無料で読めます。

U-NEXTでデザートを今すぐ無料で読む

「恋わずらいのエリー:45話」のネタバレ

結ばれた二人

家に到着すると、オミは待てないと言わんばかりにエリーにキスをする。

もう始まってる!?と内心動揺しつつ、ベッドに押し倒されたエリーは恥ずかしさから目を閉じてとお願い。

オミに見たいと言われたエリーは、自分が興奮していることを明かす。

熱くて仕方がない。
心臓がなりやむのも待っていられない。
けれど恥ずかしくてどうしていいかわからないと。

オミはわかったよと言って目を閉じる。

その代わり不公平だからとエリーにも目を閉じるよう促す。

もちろんエリーが目を閉じるわけもなく、気づかないオミは話を続ける。

本当は何度も妄想しては練習していたと言う。

髪をほどき、首筋にキスをしてブラウスのボタンを外す。

そしてまた鎖骨にあるホクロにキスをする。

何度も何度も妄想していた。
だから今が本当に嬉しいと言うオミは、自分を好きになってくれてありがとうと告げる。

何も返してこないエリーが気になって、そっと目を開けるとエリーは涙を流している。

目を開けていることにツッコむオミに、エッチな妄想をしているオミをどうしても見たかったのだと言うエリー。

互いに微笑みあうと、優しいキスをして二人はついに結ばれた。

本当に好きな人と

オミはエリーの手に触れる。

密かにその姿をみていたエリーに気付き、恥ずかしいから見ないでとはね除ける。

エリーの体を労るオミに、妄想通りでもう思い残すことはないと告げる。

死ぬなよ?と笑うオミ。

二人はおでこを擦り合い、幸せを噛み締める。

帰宅したエリーに、母親は疲れただろうから早く風呂に入ってしまえと告げる。

なぜ疲れたことを知っているのかと挙動不審なエリー。

それもそのはず、今日は体育祭だったからだ。

ハラハラしながら風呂に入るエリーは、先程の幸せを思い出し、さらに膨れ上がるオミへの想いに浸っていた。

ナマゴロシ

翌朝の日曜日。

珍しく朝から出かけるエリーは、今日は紗羅と待ち合わせ。

昨夜の報告を受けた紗羅は自分のことのように喜ぶ。

本当に好きになった人と結ばれてよかったと祝福する。

このドキドキが続けばいいのにと願いつつ、翌日の電車で早速オミと密着。

一昨日と同じくいい匂いと感じながらも、案外普通な態度のオミにエリーは唖然。

自分は激しくとんでもないツイートをしまくり、さらに秒でオミの裸を透視できる勢いだというのに…

寂しさを感じつつオミの胸をツンツンすると、なんと真っ赤になるオミ。

必死に思い出さないようにしてるんだからやめろとプンプンしている。

抑えなくてもいいじゃないと言うと、そんなことばかり考えてるやつになりたくないと返され、エリーは恥ずかしくなる。

そういうのは二人の時間のときにと告げられ、エリー驚愕。

それはもはや、生殺し生活の幕開けだった。

「恋わずらいのエリー」を最新話含めデザートをすぐに無料で読む

「恋わずらいのエリー:45話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「デザート2020年6月号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「恋わずらいのエリー:45話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTでデザートを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「恋わずらいのエリー:45話」の感想と考察

生殺して…
メンズじゃあるまいし。

いや~まさかアクシデントなしに結ばれるなんて、この作品で実現するとは思ってもなかったです!

しかもすごい良かった~泣。

なななんと!
次回最終回なんです。

泣いても笑ってもエリーフォーエバーです。

次回の恋わずらいのエリー【46話最終回】掲載のデザート2020年7月号の発売日は5月22日になります!

まとめ

以上、「恋わずらいのエリー:45話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!