最新話ネタバレ

「コレットは死ぬことにした:98話」最新話ネタバレと感想!冥府はよいとこ、一度はおいで

2020年5月1日発売の花とゆめ2020年10・11合併号に連載されている「コレットは死ぬことにした:98話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「コレットは死ぬことにした:98話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「花とゆめ2020年10・11合併号」が無料で読めます。

U-NEXTで花とゆめを今すぐ無料で読む

「コレットは死ぬことにした:98話」のネタバレ

珍しくはない日常のなかで

昨晩、スズリが亡くなった。

もう少し時間があれば、色々してやれたのにと悔やみきれないリニ。

それでも色々ありがとうとトーヤンとコレットに頭を下げた。

帰り道、トーヤンが思出話を話し出す。

それはスズリがまだ元気だったころ、よく世話を焼いてくれていたこと。

当時はそんなに自分は生活に苦しんでいるように見えるのか?と思ったこともあったが、今思えば出ていったリニを重ねていたのだろうとトーヤンは言う。

言わなくてもいいこと

その夜コレットは冥府に訪れた。

ハデスもガイコツもコツメも、みんなが迎えてくれる。

取り付けられた天灯に気づいたコレット。
冥府に置いたらいいだろうなと思っていたところだった。

本来の天灯とは違ってガイコツたちが装飾を加えた可愛いものに変わっていたが、その不思議な魅力と温かさにガイコツらは崇拝している。

あれが村中に浮いてたならばそれは綺麗だろうなと言われたコレットはふと、スズリのことを思い出す。

気を緩めると顔の筋肉が下がってしまうことに気付き気を引き締める。

その様子にハデスは密かに気づいていた。

ハデスの部屋で二人になると、やれお茶だのクッキーだのと差し出してくれるハデス。

どんな仕事も疲れるだろうと言うハデスに、スズリのことを打ち明けようかコレットは一瞬迷う。

それでも今回のことは言うべきことではないと落とし込むものの、この消化しきれない感情を浄化させるように、ハデスの肩にもたれかかるのだった。

「コレットは死ぬことにした」を最新話含め花とゆめをすぐに無料で読む

「コレットは死ぬことにした:98話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「花とゆめ2020年10・11合併号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「コレットは死ぬことにした:98話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで花とゆめを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「コレットは死ぬことにした:98話」の感想と考察

薬師にとって人の死との対面はありふれた日常の一部。

けれど今回のスズリの一件は少し違ったようですね。
トーヤンにとっても特別であったように、コレットにとってもこの遍歴医の村に留まることを決めたきっかけでもあった、スズリとリニの親子は特別だったのかもしれません。

冥府にきたのがその証拠かもしれないですね。

次回、コレットは死ぬことにした【99話】掲載の花とゆめ2020年12号の発売日は5月20日になります!

まとめ

以上、「コレットは死ぬことにした:98話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!