最新話ネタバレ

「リビドーズ:63話」最新話ネタバレと感想!新人類アンドロギュノスとの”世代交代”を描く物語───。

2020年4月30日発売の週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号に連載されている「リビドーズ:63話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー62話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「リビドーズ:63話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

「リビドーズ:63話」のネタバレ

全員揃ったわけだな

イサムらの船に向かって、さらにもう一隻が到着。

中竹に大きく手を振る水森とシュウ、そしてエロい女が乗っている。

イサムを見るなり、本当に生きていたとはと驚くシュウ。

とにかく心強い援軍と言っても過言ではなかった。

全員揃ったところで中竹が作戦を告げる。

イサム

大前提は殺しは禁止。

この島々の全ての人間が恐らく未感染者だと考える中竹に従い、戦闘不能状態に留めることを誓う。

そして父島と母島への班編成が告げらた。

一方父島では原口の窃視により、二隻の船が停泊していることが明らかになっていた。

田丸の指示により小型船が視察に向かう。

さらに原口は船員を数えている中にイサムを発見する。

あり得ないと声を荒げる田丸らを尻目に涙を流す原口は確信していた。

初瀬アカリの救出だと察した田丸は母島診療所の警備を強化し、こみ上げる興奮を露にした。

初瀬アカリの救出

生きたまま捕獲せよという田丸の指示のもと、小型船がイサムらの船に接近。

幾度となく停船命令を無視したことで、田丸からの攻撃命令が出る。

ところがリビドーズの力によって攻撃はあっさりと制され、一方でイサムら母島班は島に上陸していた。

「リビドーズ」を最新話含め週刊ヤングジャンプをすぐに無料で読む

「リビドーズ:63話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「リビドーズ:63話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「リビドーズ:63話」の感想と考察

かつての敵、シュウの登場に戸惑いつつも心強い援軍だと理解を示すイサム。

さらにイサムが生きていたことを知った田丸のあの表情。
なんとも言えない笑みを浮かべていました。

面白いじゃねぇかと言わんばかりの気味の悪い微笑み。

そしてリビドーズが小型船を抑えるなか母島に上陸したイサムらは初瀬を無事奪還することができるのか!

次回、リビドーズ【64話】掲載の週刊ヤングジャンプ2020年24号の発売日は5月14日になります!

まとめ

以上、「リビドーズ:63話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!