最新話ネタバレ

「リビドーズ:66話」最新話ネタバレと感想!新人類アンドロギュノスとの”世代交代”を描く物語───。

2020年5月28日発売の週刊ヤングジャンプ2020年26号に連載されている「リビドーズ:66話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー65話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「リビドーズ:66話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングジャンプ2020年26号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

「リビドーズ:66話」のネタバレ

“アレ”

原口の窃視により、有坂に動きを読まれているリョウは足を裂かれる。

このままでは殺されると呟くリョウに井手はそんなはずはないと大笑いする。

これは最後の手段だと泣き崩してみるも当然ながら効果は得られず、もはや”アレ”をやるしかないと告げる井手に焦るリョウ。

共倒れするわけにはいかないと引かない井手だが、リョウからしても道ずれにするわけにはいかなかった。

なんとかして原口を消さなければ二人とも殺される。

結合

船の中に管理されている女を見つけたミキヤたち。

リビドを操る女いわく、高濃度の幼若ホルモンを一定量投与し続ければ肥大化と結合行動を抑制できるらしい。

ここまでの薬を用意できるのは確実に政府の中枢にいる悪趣味など変態だと告げる。

そのことに気づいた原口は動揺する。

船に侵入されたことを有坂に報告し、原口は有坂を残し船へと急ぐ。

横川と結合されることを恐れていた。

あの人を頼んだぞ

チャンスが訪れた井手は手加減するんじゃないとリョウに告げる。

絶対に無理だと声を荒げるリョウの言葉を無視し、井手は有坂に立ち向かう。

伸ばした触覚で有坂を捕らえると、井手はリョウを振り返り”あの人を頼んだぞ”と言い残す。

リョウは涙を浮かべながら井手に手を伸ばし、電流を流した。

「リビドーズ」を最新話含め週刊ヤングジャンプをすぐに無料で読む

「リビドーズ:66話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングジャンプ2020年26号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「リビドーズ:66話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「リビドーズ:66話」の感想と考察

“アレ”の意味がわかりませんでしたがそういうことだったんですねー…。

自分が有坂を捕らえて繋がっている間に電流を流して有坂を殺す。

それは井手自身も道ずれになるということ。

リョウを巻き添えにせず、中竹に恩返しがしたいと考えた井手の行動でした。

次回、リビドーズ【67話】掲載の週刊ヤングジャンプ2020年27号の発売日は6月4日になります!

まとめ

以上、「リビドーズ:66話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!