最新話ネタバレ

「リビドーズ:67話」最新話ネタバレと感想!新人類アンドロギュノスとの”世代交代”を描く物語───。

2020年6月4日発売の週刊ヤングジャンプ2020年27号に連載されている「リビドーズ:67話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー66話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「リビドーズ:67話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊ヤングジャンプ2020年27号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

「リビドーズ:67話」のネタバレ

出会い

それは二年前のこと。

“勃起したら終わり…”

その言葉通り完感染したシュウに声をかけたのが宇佐美だった。

医者と名乗る上に治せるかもしれないと言われても、女とヤれないなら死んだほうがマシだと考えるシュウ。

“性など生の一部に過ぎない”

その言葉とともにシュウは宇佐美の手を取った。

サヨナラ

そして井手は電流を流す。

その音にいち早く反応したのがハヤシだった。

どうした?と心配する宇佐美。

これまで聞いたことがないほどの井手の電流音だったからと言うハヤシに、宇佐美はよからぬ事態を想像する。

一方で軍は増え続け、イサムらはかなり体力を消耗していた。

誰かのためにしか戦えない

船に駆けつけた原口は、ミキヤたちに拳銃を向ける。

今すぐ”その人”からペスを離せと声を張り上げる原口に、リビドを操る女はもはや”人”ではないはずだと告げる。

わかっていると涙ながらに回復を願い続けていることを明かす原口。

女はこの娘のために戦っていることを悟る。

原口は誰かのためにしか戦えないと、絞り出すような声で訴えた。

消えゆく命

井手に流された電流により意識が遠退くなかで有坂もまた、誰かのために戦っていた。

そしてシュウは、誰かのためにその命が尽きた。

シュウの姿を涙ながらに見つめる井手は、誰かのために戦う覚悟を決める。

そんななかイサムは着実にアカリのところへ近づいていた。

「リビドーズ」を最新話含め週刊ヤングジャンプをすぐに無料で読む

「リビドーズ:67話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊ヤングジャンプ2020年27号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「リビドーズ:67話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「リビドーズ:67話」の感想と考察

シュウの命が尽きました。
恐らく宇佐美はそのことを察知したに違いありません。

誰かのために戦う覚悟を決めた者、誰かのために戦っている者、そして誰かのために戦った者。

それが全て詰まっている回でした。

さらにイサムもまた誰かのために戦っていて、まもなくその目的が果たされようとしています。

展開が待ちきれませんが、、、

次回、リビドーズ【68話】の掲載は29号で!
の週刊ヤングジャンプ2020年28号の発売日は6月11日になります!

まとめ

以上、「リビドーズ:67話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!