最新話ネタバレ

「王の獣:16話」最新話ネタバレと感想!掩蔽のアルカナ

2020年4月24日発売のCheese!(チーズ!)2020年6月号に連載されている「王の獣:16話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「王の獣:16話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「Cheese!(チーズ!)2020年6月号」が無料で読めます。

U-NEXTでCheese!(チーズ!)を今すぐ無料で読む

「王の獣:16話」のネタバレ

よぎる藍月の思い

ため息をつき物思いにふける天耀に、何かあったのかと尋ねる太博。

藍月を怒らせてしまったと天耀が呟くと、従獣の分際で怒りを露にするなど言語道断、きつく叱っておくと太博が言いかけるも…

大の男に可愛いと言ってしまったと続けられ太博は驚く。

花が綺麗で、藍月の髪に挿してみたくなった。
可愛かったから可愛いと言ってしまったのだと…。

だから藍月を咎める必要はないと告げる天耀とは裏腹に、藍月を女だと唯一知っている太博はその思いが計り知れた。

自分がふと、同情の念を抱いていることに気付き頭を振るも、やはり憐れだとは思っている。

明日にはケロっとしていると天耀を励ます一方で、藍月の本懐を考えと嫌な予感がしてならなかった。

触れたところ

なんてことはない、そう自分に言い聞かせる藍月。

この気持ちが悟られてしまったら…
女だと知られてしまったら、ここにはいられない。
蘇月の遺恨を晴らすため、それだけは何があっても避けなければならない。

藍月は自覚したと同時に、改めて自身の使命を全うすると誓う。

翌朝──────。

天耀のもとに訪れた藍月は感情を殺していた。

昨日の失礼を謝罪した上で敢えてもう一度言わせていただくと告げ、二度と女のように扱わないでくれと圧力をかける。

すまなかったと返す天耀はお詫びにと、たくさんの菓子を藍月に見せる。

どれも食べたことがないと言うと、外でお茶にしようと告げる。

お茶を入れる姿に慣れたねと微笑みながら美味いと飲み、爽やかな風に吹かれる天耀を見つめながら藍月は思う。

敬愛の念と恋慕の情はどう違うのだろうと。

この自覚こそ勘違いならば、それがいいとすら思う。

そんななか天耀から菓子を口にするよう告げられた藍月が一口頬張ると、その甘さと美味しさに心奪われた。

その直後、藍月の肩にもたれ掛かる天耀は眠っている。

動けない自分の体に驚きながら、人が触れた重みがこれほど熱いものだっただろうかと考えていた。

目障りな存在

宴の日、天耀と藍月とのやり取りを密かに見ていた璃琳。

あの日藍月が去ったあと、璃琳は天耀との距離を縮めようと目論んだが断られていた。

自分より従獣を気遣われプライドを傷つけられた璃琳からすれば、藍月は目障りな存在。

さらに墨を従え、”あの子”を思い出させると不快感を露にするのだった。

その頃───────。

天耀は藍月を呼び寄せ、少しずつでもいいからと文字を覚えるよう筆を握らせる。

教養がなくて申し訳ないと告げる藍月だがそうではなかった。

これから必要になるときはくる。
しかしそれだけではなく、読めれば楽しい本がたくさんあるからだと天耀は言う。

はい!と嬉しそうにする藍月だったが次の瞬間、天耀の口から蘇月の名前が出ると現実に引き戻された。

あの子にはきちんと教えてやれなかったと呟く天耀を見ながら、及んではいけない考えに導かれる。

“あなたにとって僕は何者なのか”

蘇月の身代わりか。
それでいいじゃないかと言い聞かせるも、心が追い付かない藍月は筆を投げた。

太博に教えてもらうから天耀の手を煩わせる必要はないと言い残し部屋を去っていく。

天耀が呼び止めるものの、藍月が足を止めることはなかった。

自分の横を通り過ぎていく藍月の表情は、明らかに女の顔であると太博は悟っていた。

嫌な予感は的中するもの。

どうか早く忘れてくれと、それが出来ないのであればせめて隠し通して欲しいと太博は切に願うのだった。

それは自分だけではなく、ひどく興味をそそられてしまうからと──────…。

「王の獣」を最新話含めCheese!(チーズ!)をすぐに無料で読む

「王の獣:16話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「Cheese!(チーズ!)2020年6月号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「王の獣:16話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTでCheese!(チーズ!)を今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「王の獣:16話」の感想と考察

なんだか色々動き出そうとしている展開です。

藍月が天耀様への思いを自覚してから、殺してきた内面が見え隠れしているようです。

女だと唯一知っている太博は、その藍月に惹かれつつあるかもしれないですね。

さらに璃琳。
彼女は少々謎です。
しかも蘇月の話をしていましたね。
不穏な空気をまとう怪しい女であることは間違いありません。

さらに面白くなってきた展開。
次回も見逃せません。

次回の王の獣【17話】掲載のCheese!(チーズ!)2020年7月号の発売日は5月23日になります!

まとめ

以上、「王の獣:16話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!