最新話ネタバレ

「ランウェイで笑って:136話」最新話ネタバレと感想!相当な運

2020年4月8日発売の週刊少年マガジン2020年19号に連載されている「ランウェイで笑って:136話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「ランウェイで笑って:136話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊少年マガジン2020年19号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

「ランウェイで笑って:136話」のネタバレ

窮地

落雷によって停電した会場では、観客も動揺していた。

停電であることをアナウンスしようとスタッフが慌てるが、観客の熱を下げたくないとテルミが動く。

暗闇のなか、足元もおぼつかないテルミも焦っていた。

しかしその反面、どこか違和感を覚えていた。

違和感の答えはすぐに判明した。

五万人に配られていたペンライトにより、観客のパニックは避けられた。

さらにテルミを驚かせたのは、千雪の持つ鏡のバッグにライトが反射し観客席から最高の歓声を湧かせたのだ。

電気が戻るまで10秒。

テルミはそのささやかな時間を千雪に託した。

女神の言葉

会場に来られないシャルの代理を務めるセイラだったが、どうしても靴が入らない。

だがどうしても譲りたくないという思いから無理やり靴を履こうとする。

来週にはニューヨークコレクションで8ステージをこなさなければならないセイラにとって、足を壊すわけにはいかなかった。

マネージャーのヤヨイがついにラストルックを降りさせてほしいと見切りをつけた。

千雪にチャンスをやるくらないならと悔しさを露にするセイラ。

テルミは女神の声が聴こえるようだった。

突然の雨とシャルが来れなくなった事態、さらにセイラがトリを降りるはめになった。

これはもう女神が千雪を試せと言っていると感じたテルミは、ラストルックに千雪を選んだ。

「ランウェイで笑って」を最新話含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

「ランウェイで笑って:136話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊少年マガジン2020年19号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「ランウェイで笑って:136話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「ランウェイで笑って:136話」の感想と考察

色んな不運が重なった結果、窮地が運に変わりました。

千雪の力なのか、テルミの言う通り女神からのお達しなのかそれはもうわかりません。

トリを務めることになった千雪。

さあ観客の反応と結果はいかに!?

次回のランウェイで笑って【137話】掲載の週刊少年マガジン2020年20号の発売日は4月15日になります!

まとめ

以上、「ランウェイで笑って:136話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

無料で漫画が読めるサービスの詳細については、ただいまメンテナンス中です!

是非、楽しみにお待ちください☆