最新話ネタバレ

「ランウェイで笑って:138話」最新話ネタバレと感想!ここじゃなかったや

2020年4月22日発売の週刊少年マガジン2020年21号に連載されている「ランウェイで笑って:138話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー137話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「ランウェイで笑って:138話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊少年マガジン2020年21号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

「ランウェイで笑って:138話」のネタバレ

お父さん

あれだけ見にきて欲しいと言っても来ないと聞かされていたお父さんが目の前にいる。

千雪は涙した。

テルミは早くしてとお構い無し。

トリを務めさせるために裏方でバタバタと動き回っているスタッフもそれどころでははない。

育人はとりあえず、お父さんが来てくれてよかったですねとバッグを手渡した。

涙を拭い、ランウェイを歩き始める千雪。

まさかのトリに観客は楽しみにしていたのにと言いたげに怪訝そうな表情を浮かべる。

スタッフからはあの心理状態で出してよかったのかと尋ねるが、テルミは答えることなく表で見てくると告げその場を後にする。

お父さんが見にきている─────…。

この低い身長ではランウェイは歩けないと告げられてから、どれだけ頑張ろうともお父さんに見てもらえることはなかった。

きっと自分は満足していたのだと気付く千雪。

最近ようやく上手くいきはじめていて、このランウェイだって掴み取った。

そのことを褒めてほしいあまりに見にきてなんて言ったのだ。

千雪のまとうオーラに不快な表情から一変、観客はみるみるうちに引き込まれていく。

北谷から今歩いているモデルとの関係を問われた父親は、彼女の所属事務所の責任者だと返す。

パリへ

褒めないでと千雪は心のなかで父親に訴える。

自分が見てほしいのはこのランウェイじゃない。

“私が歩きたいのはパリのランウェイだから”と──────。

その瞬間、観客の誰もがパリを見た。

言葉がでないほど美しいと漏れるテルミ。

父親は目頭を押さえながら北谷へ訂正する。

“あれは娘だ”と──────。

「ランウェイで笑って」を最新話含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

「ランウェイで笑って:138話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊少年マガジン2020年21号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「ランウェイで笑って:138話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「ランウェイで笑って:138話」の感想と考察

これはもう感動ものですね。

身長が小さいあまりに色んなことを諦めて、父親からも認めてもらえなくて、むしろ恥ずかしいとすら思われていたかもしれない状況のなかで成し遂げました。

無名だったこのランウェイで、千雪が名を残す名シーンではないでしょうか。

テルミも認めるなか、パリのランウェイを歩く未来も遠くないのでは!?

次回のランウェイで笑って【139話】掲載の週刊少年マガジン2020年22・23合併号の発売日は4月28日になります!

まとめ

以上、「ランウェイで笑って:138話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!