最新話ネタバレ

「東京卍リベンジャーズ:157話」最新話ネタバレと感想!Money monger

2020年5月13日発売の週刊少年マガジン2020年24号に連載されている「東京卍リベンジャーズ:157話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

ちなみに前回のストーリー156話のネタバレは下記の記事でまとめています。
読んでいない場合はまずコチラから!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「東京卍リベンジャーズ:157話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「週刊少年マガジン2020年24号」が無料で読めます。

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

「東京卍リベンジャーズ:157話」のネタバレ

タケミチの覚悟

タケミチの前に立ちはだかる鶴蝶。

自分なりに抗争を食い止めようとしたのになぜここに来たと告げる。

タケミチはエマが死ぬことを知っていたのかと問う。

なにも答えられない鶴蝶に、自分はいざなかをぶっ飛ばし、九井を連れ戻して天竺を潰す覚悟できたことを告げる。

しかし鶴蝶は、九井を連れ戻すことはもうできないと言うのだった。

ココの闇

天竺のフリはもういいと告げる乾だったが、九井の口から吐き捨てられたのは東卍は金にならないという言葉だった。

東卍が負けるのは明白。

今天竺に入れば最高のポストを準備してやれると九井は言う。

肩に置かれた九井の手をどけろと呟く乾は、自分はタケミチに命を預けたことを告げる。

そしていい加減、”赤音”にこだわるのはやめろと諭すのだ。

その直後、九井は乾の首を締め上げる。

黒龍を腐らせたのはお前だろうと。

乾は認める。
確かに黒龍を腐らせたのは自分だと。

その代わり自分は赤音じゃない、”青宗”であることを認めろと叫ぶ。

やめろとかすれた声を出す九井。

そして思い出すのだ、赤音がもういないと涙を流していたあの頃の自分を。

「東京卍リベンジャーズ」を最新話含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

「東京卍リベンジャーズ:157話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「週刊少年マガジン2020年24号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「東京卍リベンジャーズ:157話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTで週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「東京卍リベンジャーズ:157話」の感想と考察

ココがー…。
なぜか天竹側に。

連れていかれてからこの抗争までに一体彼のなかで何があったのでしょうか。

金のために生きてきたと呟くココですが、赤音の件がココの闇として心の中を侵食している様子。

目を覚ませココ!
じゃないとタケミチたちが何のために来たのかわからない!!!

次回の東京卍リベンジャーズ【158話】掲載の週刊少年マガジン2020年25号の発売日は5月20日になります!

まとめ

以上、「東京卍リベンジャーズ:157話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!