最新話ネタバレ

「やんごとなき一族:30話」最新話ネタバレと感想!私にできること

2020年4月26日発売のEKiss2020年6月号に連載されている「やんごとなき一族:30話」を読んだのでネタバレ・感想と考察をまとめました!

文字のみのネタバレではなく絵付きの「やんごとなき一族:30話」が読みたいということであればU-NEXTで今すぐに「EKiss2020年6月号」が無料で読めます。

U-NEXTでEKissを今すぐ無料で読む

「やんごとなき一族:30話」のネタバレ

アイデア

お披露目会で、春菜おばさまが立ち上がったことでこの窮地を突破できるのではないかと希望を抱く佐都。

翌日、まんぷく屋に集まるみんなを驚かせた。

来月行われる商店街の夏祭りを、ゆるりの里と共同でやろうと言う。

お年寄りには各店舗の売り子になってもらうのはどうかと提案したのだ。

しかし老人ホームには認知症のお年寄りも多い。

万が一何かあったり注文を間違えてしまってはお客様に迷惑がかかると反対する。

そこで佐都は夏祭りのチラシを取り出す。

そのチラシには”間違えるかもしれない夏祭り”と題してある。

むしろ間違えるかもしれないことを全面に押し出すことで、万が一失敗してもお客様は寛大になってくれる。
さらにどんなイベント!?と興味をそそられるのではないかと佐都は言う。

ゆるりの里の所長が温泉を許可しないのは、自分たちの温泉を守りたいからではない。

老人ホームのみんなに、自分らしく生きてほしいと願っているから。

温泉以外うまくいかないもどかしさを抱える所長のためにも、入居者たちに温泉以外で生き甲斐を与えてあげることができれば、きっとこの壁を越えることができると佐都は確信している。

人は誰かの役に立つことで自信が持てるのだと、春菜おばさまを見て改めて気づいたのだ。

やろう!と前を向く者もいれば、まだ不安が拭いきれない者もいるなか、佐都と健太はこの提案をゆるりの里へ持ち込む。

一歩

所長は驚きの声を上げると同時に、認知症の入居者を笑い者にする気かと激怒する。

ところがゆるりの里の女性チーフが賛成の意を示した。

働くことは認知症にとっていい刺激になることは間違いない。

さらに間違えてもいいなら、きっと安心して働くことができると考えた。

チーフの後押しもあり、今回だけという条件で所長が認めてくれた。

この件と温泉の話は別だからと念を押されたが、この共同イベントはその一歩であることには間違いなかった。

否定と批判

後日、入居者複数名の家族からも許可がおり、改めて説明会を開くこととなった。

秋吉の祖母もどうかと健太が声をかけたものの、足腰が弱いからと断られる。

一方佐都は、商店街へのポスター貼りや寄付金集めに大忙し。

ここ最近は母屋に顔を出すこともできない日々を送っている。

帰宅すると、すでに義父が帰っており、さらに美保子まで来ていた。

毎日何をしているのかと義母に咎められる佐都。

美保子の顔など見たくもないのに佐都が不在のせいで、給仕を依頼せざるを得ないと責められる。

今は健太の温泉の仕事を手伝っているため給仕はお手伝いさんに頼んでほしいと返すも、義祖母からは代々嫁の務めだと認めてもらえない。

さらに男の仕事に女が口を出すなんて厚かましいと義父が割って入る。

どこまで女をバカにしているのかと拳を握りしめる佐都は、ついに言い返した。

女主人は歴とした仕事であること、そして健太と一緒に仕事をすることはおかしくないと。

ところが義父が真っ赤になって声を張り上げる。

その口答えこそが女としてみっともないのだと。

唖然とする佐都を横目に、不適な笑みを浮かべる美保子が口を開いた。

携帯を差し出し、健太の仕事に関わるのはやめた方がいいと助言する。

差し出された携帯にはSNSで、認知症のお年寄りが働くことが話題作りであり最低なやり口だと批判が書き込まれていた。

うまくいかない夏祭り

こうして迎えた夏祭り当日。

みなが盛り上がるなか、佐都は昨夜、眠れない夜を過ごした。

認知症のお年寄りたちも不安がっている。

その様子に気づいた健太は佐都の肩を抱き、周りに何を言われようとも信じて進もうと告げられる。

しっかりしなければと意気込むものの、例年より商店街にお客様が少ないことに気づく。

佐都は客集めに走った。

毎年行っているという近所のおばさまたちは、今年は間違えられたら困るから行かないと言う。

実際に屋台にきてくれたお客様は、間違えないことをあからさまに驚いて見せた上に間違えることを期待していたような口振りで帰っていく。

かき氷を注文してくれた女性二人に対して、入居者がシロップを間違えたが笑顔で受け入れてくれた。

しかし彼女の崩れた髪の毛を見た入居者がすぐさま直しに駆け寄る。

迷惑そうな表情に見えたのか、入居者は傷ついた面持ちで戻ってきた。

救いの手

もうこれ以上、入居者たちが傷ついているのを見たくないと、所長は夜の部を辞退すると言い出す。

何も言い返せない佐都は、傲慢だったのかと自分を責めるしかなかった。

そんなとき、商店街の入口からなにやら賑やかな声が聞こえてきた。

突如お客様が増えだしたのだ。

「やんごとなき一族」を最新話含めEKissをすぐに無料で読む

「やんごとなき一族:30話」のネタバレをご紹介しましたが、やはり文字だけではイメージが湧きにくいですよね。

実はU-NEXTを使うと「EKiss2020年6月号」を今すぐ無料で読むことができるんです!

絵付きの「やんごとなき一族:30話」が読みたいと思ったらぜひ試してみてください。


31日間の無料期間もあり、登録直後には600ポイントがもらえるのですぐに最新刊を無料で読むことができます!

U-NEXTでEKissを今すぐ無料で読む

もちろん違約金など無しで無料期間中に簡単に解約できる
のでご安心ください☆

「やんごとなき一族:30話」の感想と考察

あのクソ義父。
金持ちの名家とはあんなものなんでしょうか。
そういう家に嫁いだのだから仕方ないのでしょうかね。
代々受け継がれてきたから自分もやらなけるばならないって、本当にそうなんでしょうか。

と色々思うところはありますが、最悪なスタートを切った夏祭り。
ところが一変、突然増え出した客。

一体何が起こったのでしょうか!?

次回のやんごとなき一族【31話】掲載のEKiss2020年7月号の発売日は5月25日になります!

まとめ

以上、「やんごとなき一族:30話」のネタバレ・感想を紹介しました。

マンガは絵と一緒に読むことでさらなる面白みがありますよね。

漫画村や星のロミの代わりに無料で漫画が読める電子書籍サービスをまとめているので、是非お役立てください!